« 頂戴! | トップページ | 連携プレーでオヤツをゲット »

“あまおう”でジャムを作ったら、なんだかとっても深い

春といえばイチゴ。イチゴといえばジャム。
毎年この季節に出回るお買い得品で、一日がかりでジャムを作っている。
通常は“さちのか”とか“とちおとめ”を使うのだけれど、今年は“あまおう”のSが市場価格で1パック120円というので、使ってみることに...。
いつもの“さちのか”や“とちおとめ”のSSならもっと安い...(100円をきることもある)のだけど、ものは試し。

2007419_002_2

ジャムの時はこの単位で購入。
(4パック×5箱)

洗って、水気をきる。     

へたを取って鍋へ(砂糖をまぶして放置)
2007422jam_0022007421jam_002_1 

ジャム作りが大変なのはここまで。
とにかく量が多いので、洗うのも、へたを取るのもひと仕事。

★砂糖はイチゴの30%と20%の二種類。
 20%のほうはジャムというよりソース。
 (ヨーグルトやアイスクリームに添えるといい感じ。)

できればこのまま一晩置く。
砂糖は最初に入れないで、煮詰めてから入れるのでもOK.。

2007422jam_008

やや強火から中火
最初はフツフツと盛り上がってくるので、ふきこぼれないように注意して30分~40分

2007422jam_013_3 一度火を止めて
レモン汁を大さじ2~3いれる。
(イチゴ...煮る前の正味2kgに対して)

 

2007422jam_025_2

中火~弱火で30分前後。
もったりしてくれば出来上がり。

2007422jam_030_1
一見大量に見えるけれど、みんな250cc弱の小瓶だ。
このほとんどは嫁入り先が決まっていて、自家用は二個くらい。
日ごろの感謝をこめて、親兄弟やご近所さんにプレゼントする。

さて、“あまおう”のジャムの出来は...
いつもより味が濃い...気がする。良く言えばゴージャズな、悪く言えば重い仕上りだ。
そういえば色も鮮やかな赤じゃなくて黒っぽい。
レモンの酸味は残ってるけれど、イチゴ自体の酸味は少ない。
甘いイチゴのそのまんまが凝縮された深入りジャムになった。

あ~、今年も一段落したなぁ。

|

« 頂戴! | トップページ | 連携プレーでオヤツをゲット »

コメント

ジャム作り、rihoさんちの毎年恒例イベントなんですか~?ステキですねぇ~♪画像からイチゴの甘~い香りがしてきそうです。(#^.^#)
昔、実家の近所の方が作ってくれたのをいただいた事があるのですが、手作りジャムの方が市販のより数倍美味しいですよねぇ~。(*^o^*)
うちの近所にもrihoさんのような方がいらっしゃればお裾分けしてもらえるのに…。(自分では作ろうと思わない、というか作れないので。)((((^∇^;)


投稿: アクア | 2007年4月23日 (月曜日) 16:57

◎◎アクア様◎◎
大量に作るのは面倒ですけど、2~3パックでチョコっと作るなら、思ったより簡単にできちゃいますよ。
洗って、へた取って、煮るだけだもの...。
お鍋一個で美味しいのが出来ますから、是非お試しください。

投稿: riho(管理人) | 2007年4月23日 (月曜日) 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頂戴! | トップページ | 連携プレーでオヤツをゲット »