« 田舎に泊まろう! --たけのこ村-- | トップページ | ハーフタイムでベンチ入り »

菜々のご帰還

たけのこ村で休日を満喫した翌朝、ペットホテル(=動物病院)に預けていた菜々をお迎えに行った。
三年ほど前の避妊手術の際に一泊お泊まりした事があって、その時は全然平気で、私が迎えに行っても見向きもせず、先生たちにゴロニャンだった。

今回もそんなものかなぁと思っていたら、看護士さんにダッコされて出てきた菜々は、主人と私を見つけるとバタバタ暴れて下に降りたがった。
看護士さんの手を振り切って、パパの方へダッシュ!
(パパはご満悦)
2007430nana_001_1 Car2007430nana_005_1 清算中はクゥンクゥン鳴いてるし、お世話になった先生を振り返る事もなく、サッサと退場。

パパの車まで一直線で、スライドドアが開く間も待てず、ごり押しで乗車。

Car_2_2007430nana_005_1 先に乗り込んで、早くしろ!とばかりに運転手を呼びつける。

帰宅直後、安堵の笑顔。
2007430nana_010_2 House2007430nana_027_1

とりあえず、家のアチコチをクンクンしてチェック完了すると、自分のハウスで朝ごはんをバクバクたいらげた。


食後の運動はおきまりのクネクネダンス。
Kunekune2007430nana_030_1 その後は大好きなホリホリ。
Horihori2007430nana_033_1







食べて遊んで満足した後は、
Heso2007430_016_1 Bakusui2007430_013_1







スゴイ寝相でコテっと爆睡...しかもオヤジのようなイビキだし...

菜々なりに良い子で大人しくしていたらしいから、
とっても気疲れしたのね。お疲れ様でした。
残りの連休は一緒に遊ぼうね。

|

« 田舎に泊まろう! --たけのこ村-- | トップページ | ハーフタイムでベンチ入り »

コメント

やっぱり落ち着いて寝てなかったんですかねぇ~。
菜々ちゃんの爆睡姿を見てるのそんな感じがします。
実は5月に我が家も生まれて初めてペットホテルを使うんです。
アクアが手術で病院に泊まるか、今までは友達の家に預けたりしてたので。
でも、夜はショップには誰もいないしアクアは人見知りと怖がりで
ミックは寂しがり屋。
も~不安で不安で・・・・・。
rihoさんはいつも行く病院だったからこんな不安なかったですか?

投稿: みっくまま | 2007年5月 1日 (火曜日) 18:42

☆☆みっくまま様☆☆
お気持ち、よ~くわかります。
かかりつけの病院だし、院長は病院の隣が住まいなので、体の心配はしなくて良かったのだけど、
なんせビビリ犬なので、精神面が心配でした。

預けた日の夕方、ナント東京はスゴイ雷雨。
菜々は雷が一番ダメ。
すぐ後の夕飯は、しばらく食べなかったとか...。

結局食べたから良かったようなものの、
(一日くらい食べなくても大丈夫なんだけど)
菜々が食べないって事は《怖い》の最上級。
それを思うと胸が詰まりました。

菜々も怖くて寂しかっただろうけど、置いてきたほうもド~ンと落ち込みましたよ。

でもね、どうしても連れていかれない場合もある。
それはショウガナイ。
飼い主もワンコも辛いけど、お互いに我慢我慢ですね。

晴れてお迎えの時には、お互いの存在のアリガタミ、一緒に居られる幸せ感が倍増します。
みっくまま、ガンバレ~。

投稿: riho(管理人) | 2007年5月 1日 (火曜日) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田舎に泊まろう! --たけのこ村-- | トップページ | ハーフタイムでベンチ入り »