« 桃尻コーギー...まあるくカットしてみました | トップページ | スピードでもスタミナでも負け組みのコーギー »

月例審査会(5月)生花 かきつばた5株3花

杜若(かきつばた)のお生花(せいか)
5株3花、春いけが今月の課題。
2007518_4_002

古流のお家芸といわれ、上手にいけあげる事ができれば
それはそれは美しい姿なのだけれど、
ナカナカ厄介な代物。

まず、葉組みの法則をきちんと守る。
自然のままの葉を、一度全部バラバラにして、法則に従って
表裏、向き、長さのお約束の通りにセットして組みなおす。
5株3花だと20枚必要。

『お約束の通りやればいいのだから簡単よ』
なんて思っていると大間違い。

葉の性格、色みや形、太さ、質感等々が当然毎回違う。
葉を吟味して、それぞれを適材適所に配置する。
その見極め方が難しい。

そこまでいく以前に、審査会みたいな特別な場では
緊張のあまり、葉組みの枚数や長さを間違えるという、
最悪な事態も起きる。
最後の最後まで、指差し点検で確認しなくては。

第一段階を突破したら、それぞれの葉を役割にふさわしく、
雰囲気が伝わるように、振りや角度をつけていける。
いけあがった時の全体の姿が大事。

そして最後に3花。
花の向き、高さ、他の花とのバランス..
と、色々気にしなくちゃいけないのだけど、これが一番苦手。


ちょっと真株の長葉が存在感ありすぎたかなぁ。
写真だと左よりに膨らんで見える...。
あと、受けを右に開きすぎたのかも。つのる不安。
でも正解がわからない。

ドキドキの結果は、5段階評価で言えば3。
あ~良かった。
大きなミスもなく、とりあえず私としては大満足。
(お生花で、これ以上の評価をいただくのは奇跡みたいな話なので)

それにしても、杜若・花菖蒲・水仙のお生花は、毎年一度はお稽古するのに、
何年やっても上達しない。

 ↓ 昨年お稽古した花菖蒲
2006_004

|

« 桃尻コーギー...まあるくカットしてみました | トップページ | スピードでもスタミナでも負け組みのコーギー »

コメント

毎回rihoさんの生花、感心して見させて頂いてます♪(#^.^#)

杜若、かなり難しそうですね。一度全部バラバラにするんですか~?(゚〇゚;)でも花の流れ(?)、キレイに出ていますよ~。

うちでも毎年4月の終わりに杜若?らしき花を頂くのですが(頂く人も花の名前を知らないので)、普通に花瓶に飾るだけでも四苦八苦しますよぉ。

…レベルの違うお話で申し訳ないです。(~▽~;)

投稿: アクア | 2007年5月21日 (月曜日) 13:52

◆◆アクア様◆◆
ありがとうございます。
まだまだ未熟者なので、お恥ずかしいですが...。

ところで、花瓶に飾るのは意外と難しいです。
バランスがとりにくいし、花の位置を決められない。
お稽古でも壷のような花器を使う事もありますが、
良い位置で、ピタっと留まるように活けられません。

投稿: riho(管理人) | 2007年5月21日 (月曜日) 17:07

こんばんわ。杜若、きれいに生けられてますね。
おめでとうございます。花菖蒲もとてもきりりと、
美しいと思います。私の次回の課題が3株2花の花菖蒲なので、大変参考になり助かります。
毎月楽しみに拝見させていただくので、よろしくお願いします。私も頑張るぞ!おやすみなさい!


投稿: riyo | 2007年5月22日 (火曜日) 23:06

◆◆riyo様◆◆
コメントをありがとうございます。
そして審査会(お互いに)お疲れ様でした。
毎月の事ながら、終わるとド~ッと疲れますね。

花菖蒲もご同様、難しいお生花。
以前、花菖蒲の真葉を二枚でいけてしまった事があって...最悪でした。
(当然評価点0点)いまだにトラウマになってます。
今回も正教の先生で、長短が逆にはいっていた人がいましたよ。
考えられないミスが起きるので、ホントに怖いです。
あと、席によってはエアコンの風がまともに当たって、困っている人もいました。
葉が乾いてしまうし、微妙に振りも変わってしまったら大変!
そんな場合は遠慮しないで申し出てくださいね。

投稿: riho(管理人) | 2007年5月22日 (火曜日) 23:54

こんにちは 五月ももう下旬ですね。
先日親先生からお電話をいただくまで研究会のことも忘れていました。

rihouさんの作品、カキツバタらしさがあってすてきですね。
ていねいに隅々まで心配りがされている作品だと思いますよ。
春の彼岸桜に続きカキツバタも生けないで終わりそうな私です。
お稽古を離れてしまうと自分で花材を調達する難しさを最近ひしひしと感じています。

投稿: りかつ | 2007年5月23日 (水曜日) 12:47

■■りかつ様■■
ありがとうございます。
あたたかい御言葉をいただいて、とても嬉しいです。

葉組みのミスなど、大きな間違いは無くなったのですが、
その先の、具体的に何処に手を加えたらいいのか、あるいは何を修正すべきなのか...永遠の謎です。
でも謎めいているからこそ、江戸の時代からズ~ッと続いているんだと、最近は開き直っています。

花材の調達はコチラも大変ですよ。
ウチの先生が懇意にしているお花屋さんでも、期日指定ではナカナカ入荷されません。
今回も、本部御用達のお店に出向いて分けてもらってきました。
本番と同じ質の花材を使えるので、お稽古と本番のギャップがなくて助かります。

投稿: riho(管理人) | 2007年5月23日 (水曜日) 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃尻コーギー...まあるくカットしてみました | トップページ | スピードでもスタミナでも負け組みのコーギー »