« モデル犬 | トップページ | 久しぶりのドックラン »

研究会(2009.2月)生花

今月の出題花材は生花《サンゴミズキ 11本いけ》

毎年お稽古しているのに...あんまり変化ないなぁ
お稽古では真が後傾していてイマヒトツ。
20092511_005

そして本番
手前の黒い器が私の作品。
真も受けも、もっとためた方が良かったなぁ。
自分では結構ためたつもりだったのだけど、画像をみるとそうでもない。
(結果はプラスα点もらえたのでラッキー)
2009214_11_002


で、↓こちらが銀賞作品
教科書の写真みたいで、キリっとまとまって綺麗だった。
2009214_11_001
-----家元先生の総評-----
足元から分岐までは真っ直ぐ。
流しの分岐と受けの分岐の差はハッキリ。
分岐点だけでいきなりためた感じにしない。
(少し上のほうに向かって、ゆるやかにためる)
但し、ため過ぎてしゃくれてしまってはNG
ためたら戻して、ふりをつけて風情を出す。

それがねぇ...
わかっちゃいるけれど、ナカナカねぇ。
腕のほうが全然ついていかない。
モワっとした壁を感じる今日この頃。

|

« モデル犬 | トップページ | 久しぶりのドックラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モデル犬 | トップページ | 久しぶりのドックラン »