« ナタデココ 新作エプロン | トップページ | ワンコの健康管理 »

研究会(4月)生花

杜若(かきつばた)のお生花(せいか)が今月の課題。
5株3花《春いけ》
003
くじ運が良いのか、今月も最前列の席。
(=家元先生のアドバイスをいただける席)

一昨年の杜若でこのお生花の大変さについて書いたのでここでは割愛。
毎回点数で評価はわかるけれど、何をどうしたらもう少しナントカなるんだろう...ってモヤモヤ感が残る。
今回、杜若でアドバイスを貰えたのはラッキー。
評価点にも+αがついたので私にしてはハナマル。

真外添の上半分の角度をつけすぎている。
流しの開きをもう少し左に開き、
真の株・流しの株の空間をとって活けると良い。


という事なので、
家でその点を踏まえて再チャレンジした。
012h2
持ち帰ったお花が、少々お疲れ気味なところは無視してもらって...
ちょっとは向上したかなぁ。
-----------------------------
今月は同じ時間帯の各クラス全部が杜若のお生花。
柔らかいもの、凛々しい感じのもの、元気の良いもの等、同じテーマなのに色々あって面白かった。


 全体講評

○最近の杜若の葉はかたいので、両端をのばすように手を加えてためる。
 但し、上の方は柔らかいので、一気に上までためるのはダメ。
○幅の広い葉・細い葉の扱い
 相性の良し悪しがあるため、どうしても広いもの同士、細いもの同士で組む事がある。
 その場合、広いものは狭く、細いものは例えば中葉に広めをもってきたりして幅広くなるように工夫しながら組む。

|

« ナタデココ 新作エプロン | トップページ | ワンコの健康管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナタデココ 新作エプロン | トップページ | ワンコの健康管理 »